市長の動き

新橋深沢線開通式

新橋深沢線開通式テープカット 新橋深沢線開通式もちつき

日程/平成25年2月2日(土)

場所/新橋深沢線開通区間(新橋地先)

整備を進めている新橋深沢線(市道0115号線)のうち、県道御殿場箱根線〜市道0218号線までの区間の整備が完了し、開通式が行われました。

今回開通した区間は全長424m。開通により国道138号までが直線で結ばれ、駅周辺の活性化や交通の緩和等が期待されます。

開通式典には、若林市長、勝亦市議会議長、杉山御殿場財産区議長、新橋区長・東田中区長等関係者が出席し、テープカットで開通を祝いました。
開通式典の後には、御殿場おかみさん会によるお汁粉無料配布、御殿場みくりやそばあなたのそばで振舞隊による、みくりやそばの振舞、よさこい演舞等が行われ、若林市長もお汁粉用の餅つきに参加し、会場を盛り上げました。

JR御殿場駅にてトップセールス

日程:平成25年1月27日(日)

会場:JR御殿場駅

JR東海の特別列車「富士山トレイン117」の乗客を若林市長が出迎えました。
若林市長は、乗客らに「富士山ラスク」を手渡すなどし、「心行くまで御殿場を楽しんでください」と歓迎しました。
また、JR御殿場駅東西自由通路にもうけられた山小屋風アンテナショップや、御殿場の特産品を集めたミニ市場などは、多くの観光客でにぎわいました。

浜松市・御殿場市観光連携協定締結式

浜松市・御殿場市観光連携協定調印式 特産品交換

日程:平成24年12月25日(火)

場所:浜松市役所

「浜松市・御殿場市観光連携協定」の締結式が行われました。

これは今年4月の新東名高速道路開通などによって観光エリアが拡大していることもあり、両市が連携・協力体制をとることで国内外からの観光誘客と地域活性化を図っていくことを目的に締結することとなったものです。

締結式は、鈴木康友浜松市長・若林御殿場市長のほか、浜松市マスコットキャラクター「出世大名 家康くん」、御殿場市富士娘が出席し、協定書の署名と浜松市の特産品「三ヶ日みかん」「特別純米酒 出世城」、御殿場市の特産品「御殿場みくりやそば」「ごてんばこしひかり献上米」の交換が行われました。

協定締結にあたり、鈴木浜松市長は「今後インバウンドを含めた観光誘客に取り組むにあたり、富士山と浜名湖を使った旅行商品の造成、イベントへの参加等、お互いにWinWinの関係ができればよいと考えている」と述べ、若林市長も「新東名の出入口であるためお互いに高めあい、お互いの良いところを良い意味で利用し合っていければと考えている。これを機にお互い頑張っていきたい」と挨拶しました。

富士岡中学校女子駅伝部市長表敬訪問

富士岡中駅伝部表敬訪問

日程:平成24年12月6日(木)

場所:市役所

12月16日に山口県で開催される、全国中学校駅伝大会に出場する市立富士岡中学校女子駅伝部が、大会開催を前に市長を表敬訪問しました。

富士岡中女子駅伝部は8年連続で県大会優勝・全国大会へ出場しており、これまで優勝2回、準優勝2回を果たしています。

主将の澤入想選手は「主将として、県・御殿場市の代表として責任ある走りをしたい」と決意を述べました。

若林市長も「8年連続出場のプレッシャーに負けず、よく頑張った。全国大会では自分たちの力を出し切って走ってもらいたい」とエールを送りました。

第18回全国報徳サミット御殿場市大会

野の花劇団「金次郎の出発」 二宮金次郎像引き継ぎ

日程:平成24年11月17日(土)

場所:市民会館

第18回全国報徳サミット御殿場市大会が開催されました。

全国報徳サミットは、二宮金次郎(二宮尊徳)ゆかりの全国の市町村が一堂に会し、「報徳」の教えを広く皆さんに知っていただき、尊徳の教えをまちづくり に活かしていくことを目的に、毎年持ち回りで開催され、御殿場市では初の開催となりました。

報徳サミットでは、報徳太鼓の演奏、「野の花劇団」による舞踏劇「金次郎の出発」の上演、前神奈川県知事松沢成文氏による基調講演、小学生による学習発表、参加市町村首長によるパネルディスカッションなどが行われました。

若林市長も「尊徳翁の至誠、勤労、分度、推譲の教えを見つめ直し、これからのまちづくり、人づくりについて、積極的に意見交換し、全国に広く普及することを期待している」とあいさつしました。

大会終了にあわせ、二宮金次郎像が若林市長より次回サミット開催地である神奈川県秦野市の古谷義幸市長へ引き継がれました。