期日:4月17日

会場:神山「時之栖」

東北地方太平洋沖地震の被災地の復興を応援しようと、チャリティー餅つき大会が行われました。会場となった神山の時之栖では、満開の桜のもと、「JFAアカデミー福島」の生徒や自主避難してきた人なども参加し、地域の住民と交流を図りました。会場のあちらこちらから、「ヨイショ」の掛け声が上がり、市長をはじめ、アカデミーの生徒等がつき手となって次々ともちがつき上がりました。できあがった餅は、1皿300円で販売され、あっという間に完売。会場では、アカデミー生に積極的に声をかけてほしいという主催者の願いをくみ、多くの来場者が、励ましの声を掛け、和やかな交流の輪が広がりました。