期日:4月5日

会場:神山「時之栖」

 

東北地方太平洋沖地震で被災した「JFAアカデミー福島」の中学生・高校生125人とスタッフ16人が、御殿場市に集団避難してきました。日本サッカー協会が運営する同アカデミーは、中高一貫の選手育成機関。4月5日夜、避難先で今後の活動拠点にもなる市内神山の「時之栖」に到着しました。アカデミー生は、地元のサッカー少年団や受け入れに尽力したサッカー関係者の温かい歓迎を受け、少し照れながらも、希望に胸を躍らせていました。市長も受け入れ生徒一人ひとりと握手を交わしながら、励ましの声援を送りました。